【皮下脂肪を集中的にやっつける】顔の脂肪を落とす整形施術を紹介

期待できる施術や注意点

看護師

プチ整形や骨切り

小顔にする整形の中でも手軽な施術でしたらボトックスというチ整形があります。しわ取りなどでも使われるのですが、ボトックスは筋肉の動きを抑えられる作用があると言われているので、それを利用して小顔を目指せるのです。顔のラインにはエラがあり、そこに咬筋という筋肉があるのですが、鍛えて発達すると盛り上がります。そこにボトックスを注入すると咬筋の発達を抑えられるので顔のラインがすっきりして小顔が期待できるのです。他に顔への脂肪吸引も有効と言われています。お腹や太ももを小さくするためにも行われている施術ですが、実は顔にも行うことができるのです。特に頬やたるんだアゴの下は脂肪が原因になっている場合も多いので、脂肪吸引は有効と考えられているのです。顔の脂肪は比較的少ないため、痛みやダウンタイムと言ったデメリットも少ないので良いと言われています。一般的には耳の後ろなど、目立たない部分を切開した所から極端に細いカニューレという管を入れ脂肪吸引することで小顔を目指せます。しかし咬筋や脂肪が原因となっているのではなく、骨が大きいため大きな顔になっているのでしたら、プチ整形では対応できない場合も少なくありません。その場合、外科的な施術である骨切りが有効と言われています。具体的には、極端なエラの張りや発達し過ぎた顎骨により極端な受け口となっている場合などに有効と言われている施術です。一般的に、口の中を切開して大きな顔の原因となっている部分の骨を切除、削ることで小顔にしていきます。骨に直接アプローチをするため、顔の輪郭を大幅に変えることができますから、根本的な原因の解決を目指すことができるのです。ボトックスや脂肪吸引、骨切はメリットも多いのですが、注意したいこともあるので小顔の施術をする前には慎重に検討する必要もあります。例えばボトックスは手軽ですが、効果は半永久的なものではないので定期的に注入を行う必要があるということは考えておいた方が良いです。一般的な効果の持続力としては、3ヶ月から6ヶ月ぐらいなので経済的なことなども含めて行うか検討が必要でしょう。脂肪吸引は基本的に下膨れや二重あごなど余分な脂肪が下に落ちているような人なら効果は高いと言われているのですが、それ以外の人には適していない場合があるので注意してください。また、脂肪を取り除けますから即効性があるのはメリットと言えますが、大量に取ることはできないのも注意点として覚えておいた方が良いです。脂肪も顔の輪郭を作り出している要素の一つでもありますから、もし取り除きすぎた場合、希望通りとは異なる輪郭になる場合もあります。自分の顔にどれだけ脂肪があるかどうか客観的に判断をして施術をするかどうか検討する必要があるでしょう。他にも骨切りについては骨を削る、切るという大掛かりな施術となりますから、ある程度のダウンタイムを見ておく必要があります。そのため施術を行うのならば、仕事や学校などに影響がない時に行うことを考えた方が良いです。特に小顔整形を行ったことを周囲にばれたくないという人は特に検討しておくべき事柄と言えます。どのような施術でも基本的には本当に信頼のできる多数の実績を持った医師や美容整形クリニックに相談することが大切です。特に脂肪吸引や骨切りに関しては知識と経験が豊富であればそれだけリスクを最小限に抑えることができます。

Back to Top