【小顔になりたいなら必見】顔の脂肪を落とす整形施術を紹介

期待できる施術や注意点

看護師

小顔整形では手軽にできるプチ整形から、顔の輪郭を大きく変える骨切りまでさまざまです。ボトックスは注入だけ、脂肪吸引は顔の脂肪を減少することができ、骨切りは根本の問題に対し解決が期待できるのです。ただ信頼できる医師に行うのが鉄則と言えます。

Read More

理想の顔になる

鏡を見る人

顔に傷をつけないで小顔になる方法もありますので、あごのラインや頬のあたりの脂肪が気になる人は試してみるといいかもしれません。脂肪を吸引したり注入したりちょっとしたことで印象もかなり違ってくるでしょう。

Read More

プチ痩身術で顔痩せ

レディ

脂肪溶解注射の効果

セルフダイエットではなかなか成功しないのが部分痩せです。全体の体重は落ちても、ヒップや太ももなどについた脂肪だけ落とすというのは難しいことです。あごやほほなどについた脂肪も落ちにくいので、顔痩せ目的でダイエットをしても成功しないことが多いです。そのような悩みを解消できるのが、美容整形のプチ痩身術です。部分痩せはもちろんのこと、痩せたいけどダイエットするのが面倒、ダイエットをしてもリバウンドしてしまうなどの悩みを抱えている人達に大人気です。プチ痩身術を受ければ、落ちにくいあごやほほの脂肪も自然に落ちて小顔になります。太ももなどの気になる皮下脂肪やセルライトも集中的にやっつけることができて、メリハリのあるスタイルが完成します。美容外科クリニックに行けば、日帰りで気軽にできるメスを使わないプチ痩身術は沢山あります。そのプチ痩身術の中でも人気が高いのが脂肪溶解注射(メソセラピー)です。脂肪溶解注射は、美容大国フランス生まれの脂肪を排出する注射です。大豆レシチン由来の自然成分を皮下脂肪に注射し、コレステロールを下げて脂肪を溶解します。溶解された脂肪細胞は、数週間かけて尿と一緒に体外に排出されるので、注射をした部分だけがどんどんサイズダウンしていきスタイルアップします。脂肪溶解注射は注射をした部位だけに痩身効果があるので、二重あごをなくして小顔になりたい場合に最適です。欧米や韓国などの美容整形先進国では、本物の脂肪吸引手術よりもこの脂肪溶解注射のほうが普及しているぐらい人気があります。脂肪溶解注射はフォスファチジルコリンという成分を注射して脂肪を排出します。フォスファチジルコリンは大豆レシチン由来のリン脂質の一種です。これをフェイスラインなどの脂肪がついている部分に注射すると、新陳代謝が活性化して余分な脂肪が溶解されます。小顔目的であごに注射する場合は見た目ではわからない部分にします。それに赤い注射跡が残っても、数日すれば自然に消えていくので安心です。脂肪溶解注射は、あごや頬や太ももや背中に至るまで、皮下脂肪がある部位ならどこでも適応できます。注射をすることによって多少の腫れや熱感が出ることがありますが、数日すれば改善します。一回だけで十分な痩身効果を感じない場合は、何回か続けて注射をすると効果的です。通常は三回程度注射をするケースが多いようです。脂肪溶解注射の料金はクリニックごとで違いますが、小顔効果を求める場合相場としては一回あたり約1万円です。あごやほほについた脂肪の量にもよりますが、三回以上注射をするとより劇的な顔痩せ効果が期待できます。体への負担を考えて、1ヵ月以上間隔を空けて定期的に注射を打つことが大切です。脂肪吸引手術の場合は10万円単位の手術費用がかかるので、それと比較すると三回やったとしてもかなり格安な料金です。さらに全身麻酔を伴う脂肪吸引のように大きなダウンタイムがなく、美しく顔痩せしたり足痩せしたりできます。脂肪細胞が排出されるのでリバウンドすることもなく、苦しいダイエットをいつまでも続けるよりもはるかに健康的です。

美容について考えてみよう

女の人

小顔を目指すための方法にはいくつかの選択肢があるため、複数の方法を試すのではなく最初は1つの方法に絞って実践することも大切です。また小顔を目指すことのメリットを把握し、なぜ小顔を目指したいのかという目的を整理しておきましょう。

Read More

Back to Top